少年肖像 1925年(大正14年) 岸田劉生作について

少年肖像

(宇都宮美術館 所蔵)

 

文化遺産オンラインに画像が掲載されている。

1925年(大正14年)に岸田劉生は少年肖像を描いた。

その時にモデルとなった村上巌が晩年になって近代美術館で講演をするための準備に吹き込んだテープが最近になって見つかった。テープは2時間近いが、その中でモデルになった時の思い出を語った部分の一部を、ここでご紹介させていただく。録音は1979年4月27日に国立の自宅で行ったものである。

音声ファイル(WMA) (約9M サイズ) はWindows Media Player などで再生できる。

音声ファイル(MP3) (約9M) MP3対応

 

1991年11月3日にNHK教育テレビで放送された日曜美術館では京都時代の劉生を取り上げており、麗子舞姿とともに少年肖像の制作過程について語られている。村上巌がモデルになったときの思い出などを自身で語った映像が含まれている。

 

 

村上巌について

 

戻る