包括利益と残余利益モデル

  日本の「包括利益の表示に関する会計基準」によれば、包括利益とは、ある企業の特定期間の財務諸表において認識された純資産の変動額のうち、当該企業の純資産に対する持分所有者との直接的な取引によらない部分をいう。・・・中途省略 ・・・その他の包括利益とは、包括利益のうち当期純利益に含まれない部分をいう。と定義している。企業会計にある程度詳しくないと何を言っているのか分かりにくいと思うが、大ざっぱに言えば、通常の営業活動で稼いだ利益から税金を差引いた後の利益を当期純利益、その他の要因で生じた利益をその他の包括利益という。
式で示せば  包括利益=当期純利益+その他の包括利益
という関係になる。
その他包括利益は具体的に何かと言えば、例えば、損益計算書に計上されずに純資産として計上された金融商品の評価差額とか海外子会社の連結に際して生じた為替換算調整勘定など様々である。
期首純資産残高+増資額+包括利益-支払配当=期末純資産残高
の関係を財務諸表で明確に確認できることは財務諸表の有用性を高めるとされており、上式のような関係が成立することをクリーン・サープラスな関係と呼んでいる。 近年の企業評価モデルの研究ではオールソン・モデルのようにクリーン・サープラス関係が成立していれば株主持分(純資産)が簿価であれ時価であれ、残余利益の評価式から市場価値が導けることが知られている。


オールソンモデル

 オールソンモデルは残余利益モデルとも言われる。純利益から自己資本コストを控除した残額を残余利益というが、これは純資産(自己資本)が生み出すべき正常利益 を上回る利益(つまり超過利益)ともいわれる。

オーールソンモデル導出

 例えば、当期純利益の期待値が100円で次期以降も永続するものとする。期首の純資産残高(自己資本残高)を1000円、株主資本コストを5%,、発行済株式数1株とすれば残余利益=100-0.05×1000=50  を無限に生み続けるとすれば、その現在価値は50/0.05 なので株式理論価格=期首純資産1000+50/0.05=2000と計算される。なお、無限等比級数の和の公式を使って初項(50/1.05)、公比 1/(1+0.05)とすれば50/1.05×1/(1-1/1.05)=50/0.05 で残余利益の現在価値が計算できる


財務入門目次へ